賃貸借契約時のチェックポイント

賃貸借契約は賃貸物件を借りるときに物件のオーナーと交わす契約です。
賃貸借契約では、様々な重要事項の説明があります。
必ず重要事項についてすべて同意してからサイン・捺印をすることが大切です。
賃貸借契約で大事なポイントは沢山あります。
ほとんどの賃貸契約は契約期間が2年間ですが、稀に1年間のこともあれば、3年間のこともあります。
また、賃貸契約をしてから1年以内に解約をした場合、賃料一か月分の違約金が取られることもあります。
契約更新についての条件もチェックすべきポイントです。
首都圏の場合、契約更新をする際に賃料一か月分の契約更新料と、新しい火災保険料が必要なことがほとんどです。
しかし、地域によっては契約更新料を支払う習慣がないところもあります。
そうした大事な重要事項については、賃貸借契約をするときに不動産会社の宅地建物取引業の有資格者が説明してくれます。
もちろん賃貸借契約書にもすべて記載されてあるので、しっかり熟読することが大切です。